肝臓機能低下による肩こり

コリは筋肉の疲労からくる場合もありますが、内臓疾患からくる場合があります。

肩や腰の痛みであるコリの情報と、内臓の痛みの情報はどちらも脊髄を通って脳に伝えられます。すると脳では、筋肉の痛みと内臓の痛みを取り違えてしまう現象が起きます。

右肩のコリがある人は肝臓機能が低下している可能性があります。

 

肝臓・胆のうからつながる神経が同じルートを共有しているため、痛みを脳へと伝える際に信号が同じ場所を通過するために起こります。

どんな人が注意したらよいかというと、アルコールを飲んだ時に、右肩のコリが強まる人は注意が必要です。


飲酒をすると、肝臓はアルコールを分解するためにフル稼働します。

そのために弱った肝臓に過度の負担がかかることになって右肩のコリとなって現れるのです。

 

そうならないために肝臓の機能をアップさせる食材をご紹介します。

・タウリン(イカ・タコ・貝類)

 

・β―Dグルカン(キノコ類)

 

・ゴマグリナン(ゴマ)

これからのアンチエイジング

 

を意識して摂取することをお勧めします。

 

アルコールはもちろん控えましょうね。

 

肝機能をアップさせるための食材に、ケイ素サプリ
をプラスして調理されると血液サラサラ効果も上がり流れを良くしてくれます。

 

筋肉疲労からくる肩こりにはストレッチなど毎日ケアしてあげましょう。コリを感じる部分にケイ素サプリ
の10倍希釈したものを塗布するのもお勧めです。

 

コリのないすっきりした毎日を過ごしましょう。

今回の記事はお役に立ちましたか?
もしお役に立てたならクリックお願いします。
downwardrightdownwardrightdownwardrightdownwardrightdownwardright

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です