美と健康によい油

こんにちは♪

今日は、体に優しい油についてお話ししたいと思います。


油は太る、油は体に悪いとイメージしている方も多いかもしれません。


一部摂取を極力軽減されることをお勧めする油もあります。

(トランス型脂肪酸・酸化した油脂・リノール酸油の過剰摂取など)


脂肪も摂りすぎると、太る原因ですし、消化するのに時間もかかるし、酵素も浪費してしまいます。

しかし、悪いことばかりではありません。細胞膜の70%、脳の60%は脂肪です。


体温維持、ホルモンの原料になったり、ビタミンの運搬と吸収の手助けをしたりなど、脂肪もなくてはならないものなのです。

体に必要な脂肪です。良質のものを摂取して、細胞膜や脂肪細胞も良質のものにしていきたいものです。

○体に良い油○

①α―リノレン酸油

亜麻仁油・エゴマ油・シソ油(α―リノレン酸油が豊富)

②EPA・DHA

天然の青魚(DHAやEPAなどの血液サラサラにする不飽和脂肪酸が多い)


③オレイン酸油

アーモンド・クルミ・ピスタチオなどのナッツ類(α―リノレン酸、オレイン酸など体によい油が多い)


これからのアンチエイジング

*加熱すると、体に良い油でも酸化します。ドレッシングなどに加えて摂るのがお勧めです。

ドレッシングを作るときに、ケイ素サプリをプラスするとさらに吸収がよくなります。

*加熱しても酸化しにくい油・・・・・質の良い菜種油、グレープシード油、玄米油、新ベニバナ油、ゴマ油などです。

今回の記事はお役に立ちましたか?
もしお役に立てたならクリックお願いします。
downwardrightdownwardrightdownwardrightdownwardrightdownwardright

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村