水溶性ケイ素って何なの!?

水溶性ケイ素って何なの

50ml1本

モプラスアルファは今、各界で大注目の高純度の水溶性ケイ素濃縮溶液です。

ケイ素(SiO2)その成分を水に完全に溶解することは過去の技術では非常に困難でした。
これを十数年の年月をかけて取得した製法特許によって世界で初めて抽出に成功したものです。
水晶などで知られる石英を水溶液化に成功した商品です。

化学記号はNa2SiO3-10H2Oで、その成分は水に完全に溶解します。

在では、珪酸塩(Na2SiO3-10H2O)は、韓国環境水道研究員で物質試験成績書を取得し、法令に定められた飲用に適するものとして製造、販売が認められており、浄化作用の高いケイ素は各界から高い注目を集めています。

珪酸塩は食品添加物としてFDA(米国食品医薬品局:U.S.Food andDrugAdministration)にも承認
されているものです。

イ素のすぐれた点はすでに一部雑誌やTVでも報道済みです。

韓国で古くからの言い伝え
韓国

国では古くから、「川辺でする洗濯は石英(珪石)の岩場で、叩き棒にも石英(珪石)を使いなさい」と言い伝えられています。

それは石英または珪石の特徴として、石英にはコケが生えないこと

からです。
また、石英(珪石)は、強いアルカリ性を持っており、水を浄化する

神秘的な力を発揮するからなのです。

在研究所のある南漢江の水は浄化力の高いことで韓国では有名です。

の理由は南漢江の流域に純度の高い珪石鉱が無尽蔵に存在しているからなのです。

また、珪砂が多い川の水が清流なのは、珪砂が持っている水を浄化する神秘的な自然の力によるものです。

数億年前から存在していた ウモ入り水晶

溶性ケイ素濃縮溶液は、数億年前の地球噴火時に溶解した水晶原石溶岩が水を囲いこんだまま高熱(2000℃以上)によって水晶石の成分であるケイ素成分ガス化濃縮離合され、できた溶水と同じだということが解りました。

晶の発掘作業で、写真のような「水溶性ケイ素」の入った水晶石が発見されたのです。

この自然界に奇跡的に作られた「水溶性ケイ素」は、発見される原石の1000個のうち1~2個の割合でしか存在しなく大変貴重な水晶エキスです。

日アメリカでは産出国であるブラジルの鉱山へ医療関係者が自家用飛行機で訪れ、その「水溶性ケイ素」が発掘されるまで長期にわたり滞在し「水溶性ケイ素」を大変高価な値段で買付されています。

水晶エキス「水溶性ケイ素」は古くから難病の治療、不老長寿、元気の源として特別な人のみに愛用されています。
今、水晶抽出水溶性の活性ケイ素は口コミで広がり、多くの人々に喜ばれています。

水溶性ケイ素は高波動 高波動認定証2

動とは・・・

あらゆる物質を構成する原子が、振動することにより生まれる超微弱な生命エネルギーのことです。

そして、人間の細胞の波動の束は、いわゆる「気」と呼ばれ、気の流れを良くする。つまり波動の乱れをただし調和させることで体調の改善やイライラ、怒り、ストレスを取り除き、精神的な安定が得られると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です