ご飯をたくさん食べる女性は糖尿病を発症するリスクが高い!?

こんにちは 珠央です(^.^)♪

あるニュースの記事でこんなのが出ていました。

 『ご飯をたくさん食べる女性は糖尿病を発症するリスクが高いとの研究結果を国立医療研究センター研究所のグループが12日、まとめた。

男女約6万人の調査結果で、1日4杯食べる女性のリスクは1杯程度の1.65倍、3杯だと1.48倍だった。 ご飯にアワやヒエなどを混ぜない場合はリスクはより高かった。

男性も同様の傾向だが明確な差はなかった。1日に1時間以上の肉体労働や激しいスポーツをする人では、食べたとリスクに関係は見られなかった。

研究グループは、米を精白する過程で、糖尿病予防に良いとされる食物繊維やマグネシウムが失われることなどが影響しているとみており、南里明子研究員は「ご飯に雑穀を混ぜたり副菜などで食物繊維を摂取して血糖値の上昇を抑えたりする工夫が大事で、糖尿病予防には運動も重要だ」と話している。

岩手など8県在住の45~74歳の男女、約6万人を10年間追跡した調査で男性625人、女性478人が糖尿病を発症。女性では、1日に食べるご飯の量が1杯(140グラム)より少し多い(165グラム)から4杯(560グラム)まで、4グループに分けて糖尿病発症のリスクを分析した。』

女性にとってはショックな記事ですよね。

食物繊維やミネラル、ケイ素をタップリ摂るように注意しましょうね。

 今年もあと少し、もう仕事納めが終わった方も多いでしょうね。私は今日までお仕事です。張り切ってガンバリマ~ス\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です